【閲覧注意】本当にあったUber Eats配達員の怖い話

廃墟雑記
スポンサーリンク

UBER EATS(ウーバーイーツ)配達員にとって一番大切なもの

ど〜も、がんばらない研究家のtaconyanと申します。

日々、がんばらない働き方を研究しております。

 

2019年10月よりUber Eatsの配達員をしております。

配達は5000回以上。最高月収は40万円以上を達成しております。

 

UBERの配達員にとって一番大切なものと聞かれたら、僕は迷わずこう答えます。

 

それはあなたの人生です。

Uber Eatsは気軽に稼げる仕事として2020年で一番人気の副業と言っても過言ではないでしょう。

しかし、そんな光の部分もあれば闇の部分もあります。

 

それは、配達員の事故です。

配達員が増えるに比例して配達員の事故のニュースを見かける機会が増えてきました。

死亡事故も起こっています。

宅配ニーズ増加の陰で 配達員の死亡事故も 新型コロナ

Uber Eats配達員が意識不明の重体...交差点で配達中とみられる原付バイクと軽乗用車が衝突

ウーバーイーツ交通マナーに課題 静岡市で事故5件(静岡県)

みなさんの名前が新聞やTVのニュースで見かけないことを願います。

また、事故はどれだけ気をつけていてもある日突然起こるもの、事故を起こしたい人など一人もいません。

Uberでの配達で大切なものを失わないためにも必ず保険には加入しておきましょうね。

ウーバー配達員には月々220円からの楽天保険がオススメ

僕も実際に加入しているのが楽天保険です。

安いものだと、なんと月々220円から自転車保険に入れるんですよ。

 

たった1回の配達で回収できちゃいます。

 

220円をケチって突然の事故の賠償や治療費で苦労するのか?

月々220円を払って不運な事故から自分の人生を守るのか?

 

あなたはどちらがいいですか?

 

 

 

私が体験した怖い話

taco師匠
taco師匠

どーも、タコ川淳二です。

taco師匠
taco師匠

これは実際に私が体験した話なんですけどね。

taco師匠
taco師匠

これ話して大丈夫かなー?もし、後悔しても私は責任取りませんからね。

ちょうど、夏の終わりぐらいでしたかね。

少し涼しくなって、いかにも配達日和だなっていうそんな心地のいい朝ですよ。

いつものようにUberの配達に出かけたんですよ。

でもね。なんか変なんですよ。

私、感は鋭いほうでしてね。

嫌な予感というのは大概当たるんです。

なんか、嫌だなー。

なんか変だなー。と思いながら公園で待機してるとね。

ふと、横に目をやるとママチャリに乗った配達員がゆーっくり、ゆーっくりと走っているんですよ。

やだなー、なんか変だなー、なんか渋いなー。

そう、感じながら配達を続けていたんですよね。

お店に商品を受け取りに行って他の配達員に挨拶をしてもね、声が帰ってこないんですよね。

みんな、魂が抜かれてしまったような、死んだ魚のような目をしてしているんです。

やだなー、なんかおかしいなー、なんか渋いなー。

やっぱり、嫌な予感っていうのは当たるんですよね。

配達を終えて家に帰ってきたんですよね。

いつもなら、すごい疲れているんですけどね。

その日はなぜか不思議と足取りは軽いんですよ。

ただね、なんだか心が渇いたような、そんな変な気分なんですね。

部屋の中に入って、椅子に座ってね。

スマホを見ようとしたらね。

後ろから誰かに見られているような気がしたんですよね。

誰だ!!と思って振り返っても誰もいない。

おかしいな?とは思いながらも、目線をスマホに移したら。

画面にこんなものが映っていたんですよ。

ubereats時給370円

時給 370円!!

みなさんもUberの配達をする時はくれぐれも気をつけてくださいね。

   僕がUBER EATS(ウーバーイーツ)で稼げるようになった秘訣をこっそり教えちゃいます!

UBER EATS道場
「UBER EATS道場」の記事一覧です。


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました